デザインコンセプトは〝EAST meets WEST〟]

デザインコンセプトは〝EAST meets WEST〟

「築地」は、日本の文化と西洋の文化が出合い融合し、東京の、そして銀座の今に至る都市文化の発祥ともいえる場所です※1。本プロジェクトは、この地にふさわしく、また、さらなる都市の変遷を超えた、揺るぎない邸宅を構築したいと考えます。デザインコンセプトは、〝EAST meets WEST〟。「築地」の源流を究めること。それは、都心居住の未来に出逢うことでもあります。

「築地」は、日本の文化と西洋の文化が出合い融合し、東京の、そして銀座の今に至る都市文化の発祥ともいえる場所です。※1本プロジェクトは、この地にふさわしく、また、さらなる都市の変遷を超えた、揺るぎない邸宅を構築したいと考えます。デザインコンセプトは、〝EAST meets WEST〟。「築地」の源流を究めること。それは、都心居住の未来に出逢うことでもあります。

  •  

  • 外観完成予想CG

FACADE DESIGN

FACADE DESIGN

和・洋それぞれのデザインエレメントで構成された外観ファサード

和・洋それぞれのデザインエレメントで構成された外観ファサード

建物基壇部には、西洋建築の特質を活かした石造の重厚なデザインを。上層部には、軽やかさを纏った和的デザインを。その双方のデザインに共通するのは〝水平ラインの強調〟。日本の伝統的な建築にあるこの特質を、モダンな視点から捉えなおし、デザインエレメントとして建物全体を覆います。

建物基壇部には、西洋建築の特質を活かした石造の重厚なデザインを。上層部には、軽やかさを纏った和的デザインを。その双方のデザインに共通するのは〝水平ラインの強調〟。日本の伝統的な建築にあるこの特質を、モダンな視点から捉えなおし、デザインエレメントとして建物全体を覆います。

近景と遠景、眺める位置に応じて表情を変える佇まい

近景と遠景、眺める位置に応じて表情を変える佇まい

遠くから仰ぎ見た外観の印象、帰り着きエントランスを間近にした時の近景。それぞれのシーンによって景色の味わいが異なる佇まいをデザインしました。近景として目の前にする基壇部は石造の重厚さを湛え、遙か眺める上層部は、軽やかさを纏った水平ラインを基調としています。

遠くから仰ぎ見た外観の印象、帰り着きエントランスを間近にした時の近景。それぞれのシーンによって景色の味わいが異なる佇まいをデザインしました。近景として目の前にする基壇部は石造の重厚さを湛え、遙か眺める上層部は、軽やかさを纏った水平ラインを基調としています。

外観完成予想CG

「イギリス下見貼り」をデザインモチーフにした基壇部の意匠

「イギリス下見貼り」をデザインモチーフにした基壇部の意匠

繊細な水平ラインが強調され、深い陰影が特徴となる石造の基壇部。西洋建築の代表的な壁面意匠である「イギリス下見貼り」をデザインモチーフに採用しました。ボーダー状の御影石を水平に積み重ね貼り込んだ独特の手法が、かすかな光彩によって映し出されるその表情は、重厚でありながら、どこか柔らかさを纏った景色をつくりだします。※「イギリス下見貼り」は、本来、木造建築の意匠ですが、本プロジェクトでは、石造の意匠として採用しました。

繊細な水平ラインが強調され、深い陰影が特徴となる石造の基壇部。西洋建築の代表的な壁面意匠である「イギリス下見貼り」をデザインモチーフに採用しました。ボーダー状の御影石を水平に積み重ね貼り込んだ独特の手法が、かすかな光彩によって映し出されるその表情は、重厚でありながら、どこか柔らかさを纏った景色をつくりだします。※「イギリス下見貼り」は、本来、木造建築の意匠ですが、本プロジェクトでは、石造の意匠として採用しました。

エントランス完成予想CG

東京を、銀座を、かたちづくってきた「築地」。この黎明の地にふさわしい、デザインと造りを追求しました。

東京を、銀座を、かたちづくってきた「築地」。この黎明の地にふさわしい、デザインと造りを追求しました。

武田光史建築デザイン事務所 代表
東京工業大学建築学科卒業。
日本建築学会賞受賞、日本建築仕上学会作品賞受賞、
手掛けたプロジェクトによりグッドデザイン賞受賞

作品例

※1:明治時代、東京に唯一〝外国人居留地〟(外国の街)があったという事実を踏まえての表現です。

※掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯機、避難ハッチ、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。周辺建物・電柱等は省略・簡略化しております。また植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。敷地内のみを表現しています。なお、植栽計画は変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※マテリアルのサンプル写真は、実際とは異なる場合がございます。

PAGETOPへ戻る